派遣社員として働き、副業として他の仕事をすることは可能なのかと疑問を持つ人もいるかもしれません。
とはいえ、基本的に公務員や正社員といった人の副業は禁止されていますので、派遣社員でも禁止ではないのかと思う人もいるでしょう。
しかし、派遣社員として週に何日か働き、空いている日に副業として他でアルバイトをするのは何も問題はないとされています。
ちなみに、公務員の副業は禁止されていますが、正社員の場合は法律で副業が禁止されているわけではありません。
ただ、会社のルールとして副業を禁止しているというだけなのです。
これと同じように、派遣社員も登録している派遣会社によっては副業を禁止にしているところもあります。
そういう副業を禁止している派遣会社に登録したのであれば、どういった理由であれ副業をしてはならないということです。

副業の影響で派遣の仕事に支障が出てはいけない

派遣社員として週に何日か勤務をし、副業として他にアルバイトなどで収入を得ている人も中にはいるでしょう。
ですが、派遣の仕事を主としているのであれば副業の影響で派遣の仕事に支障を出しては何の意味もありません。
ですので、もし副業で他の仕事がしたいのであれば在宅でできる仕事を選ぶのが一番良い方法になると思われます。
在宅の仕事だと家から職場の往復時間が削減されますので、副業としては比較的に楽に仕事ができるはずです。
最近は、クラウドソーシングなどインターネットを利用して不特定多数の人に業務を発注する形態が増えています。
文字入力やブログの更新作業など、パソコンが1台あれば気軽にできる仕事はたくさん存在してくるのです。
他に、シフト制で働ける副業もいいかもしれません。
シフトで働けるということは計画をきちんと立てられるというメリットもあります。
他に派遣社員として働いているということをきちんと伝えていると、無理な出勤も求められなくスムーズに働けることもできるはずです。
最後に、単発のお仕事を探すというのも一つの手になります。
1日や2日程度のスポットの仕事なら休日などを上手く利用して働くことが十分に可能です。
普段は派遣社員としてフルタイムで働いていても、土日などの休日を使えば上手く副業で収入を得ることもできるのです。
とはいえ、派遣先の企業に迷惑をかかってしまえば元も子もありません。
副業というもの自体あまり良い目で見られませんので、派遣の仕事に影響が出ない程度に副業をするということだけは頭に入れておかなければならないでしょう。

編集部