派遣社員とアルバイトというのは両方とも時給でお給料をもらうこととなります。
ですが、派遣社員とアルバイトの細かな違いということは意外と知られてはいないのです。
では、派遣社員とアルバイトの決定的な違いにはどういったことがあるのでしょうか。
まず、一番の大きな違いというものに「雇用元」が違ってくるというものがあります。
たとえば、アルバイトというのは直接働く会社で面接を受け、採用を頂いたらその会社で働き、直接お給料もその会社から頂きます。
要するに、アルバイトというのは働く会社と直接雇用契約を結ぶという形を取っているということです。
逆に派遣社員の場合は、アルバイトと違って直接雇用契約は派遣会社と結ぶことになります。
たとえば、登録をしている派遣会社からある会社へと仕事を斡旋されることになり実際に働くこととなるのです。
そのときに頂くお給料というのは派遣会社から毎月支給されることになり、派遣先の会社と派遣社員の間には派遣会社が必ず存在しているということなのです。

派遣社員は働く期間が決められている

基本的に、アルバイトというのは働く期間というのを定める必要はありません。
しかし、派遣社員の場合は派遣先の会社と働く期間を定めて雇用契約を結ぶことになるのです。
ちなみに、この働く期間というのは「単発」、「短期」、「長期」など様々となってきます。
たとえば、結婚が決まっている人、出産が決まっている人などはその期間を自分で定めて働くことができるということが最大のメリットでもあるのです。
後、留学や資格取得するまでなどといった自分の都合に合わせて働くこともできるのです。

派遣社員は福利厚生がしっかりしている

社会保険や健康診断、有給休暇などは直接雇用の最大の強みだと思っている人が多いかもしれませんが、実際には派遣社員にもこのような権利は与えられているのです。
派遣会社は、雇用契約をしている派遣社員に対して健康診断を受けさせなければならないという法律があり、同じように有給休暇の取得も認められています。
後、産後休暇や育児休暇の権利も与えられており、女性にとっても働きやすい環境はしっかりと整えられているのです。
最後に、スキルアップを目指す人のための様々なセミナーなども用意されており、こういった福利厚生というものが充実しているというのも派遣社員とアルバイトの大きな違いでもあるような気がします。