派遣のお仕事というのは一般的に「短期」か「長期」のどちらかの期間で働くこととなります。
その中に、「単発」という「短期」よりもさらに短い期間しか働かない派遣の方法があるのです。
では、この単発派遣の主な仕事にはどういったものがあるのでしょうか。
ちなみに、単発派遣とは働く期間が1ヶ月以内といったかなり短い期間で契約を結ぶことになります。
1ヶ月以内の契約になりますので、当然のように1週間もあれば1日という期間の契約も出てくるのです。
1ヶ月の仕事や1日だけの仕事があるということは、職種に関してもかなりの量が存在してくると思って間違いはないでしょう。
まず、アパレルショップでの販売や接客スタッフというものがあります。
1日8時間程度、もしくは土日のみの8時間など、週に働く日数も様々になってきます。
仕事内容としては、お客様の接客や商品の陳列、レジ対応などが基本になるのですが、アパレルショップに関しては年末年始などのセールといった繁忙期に募集されることが多いです。
後、イベントスタッフというのも単発の仕事では多くを占めてきます。
このイベントスタッフに関しては1日勤務というのが基本になります。
仕事内容は、受付対応や申込書記入のご案内、テレビ局が行うイベント期間中のブースでの仕事などが主となってきます。
最後に、選挙受付事務というお仕事も存在します。
これも1日勤務というのが基本であり、選挙期間中のみの働く期間となります。
期日前投票の受付業務が主な仕事内容であり、選挙時のみの期間限定で発生する仕事となるのです。

単発派遣で働くメリット

基本的に、どういったお仕事でもできるだけ長く働くほうがメリットは多いような気がします。
しかし、このような単発のお仕事でもその人なりのメリットというものが存在してくるのです。
まず最大のメリットに、自分の都合に合わせた働き方ができるというものが挙げられます。
転職期間中の間だけ働きたい、少しの休日をうまく働くことで活用したい、とった人がこのような働き方をしています。
1日単位で仕事が入れられますので、スケジュールというのも自然と立てやすくなるということです。
そして、色々な仕事を経験できるというのも単発派遣の最大の強みでもあります。
期間限定で募集をしている場合が多いですので、自然と色々な職種に就けますし、色々な人との出会いがあるのもメリットの一つとなってくるでしょう。